お金を返せなくて困っていませんか?

借金をして一時的に生活が楽になりほっとしたのもつかの間、次は返済に悩むようになる人が多いです。
自分の返せる範囲で設定しているにも関わらず、長期間節約して過ごすのは難しいかもしれません。

 

借金の返済に困ったら、借金を減額する方法があるのをご存知でしょうか。
借金を減額する措置の事を債務整理と言い、また債務整理の種類にはいくつかあります。債務整理についてここではご説明していきます。

 

あなたに合ったぴったりの債務整理を見つけて少しでも借金の苦しさを和らげるお手伝いが出来ればと思っています。

 

任意整理とは

 

任意整理とは、債務整理の中でももっとも利用の多い方法です。弁護士や司法書士が債権者側と話し合いの場を設けて、返済額や返済方法、完済するまでの期間を話し合い、双方にとってもっともよいとされた額や期間などを定めます。
任意整理を行うと借金の総額がかなり減額され、余裕を持って返済にあたれるというメリットがあります。しかしデメリットもまたあり、いわゆるブラックリストに載ってしまい、キャッシング会社からの借入が約5年ほど出来なくなります。比較的手軽に行える任意整理方法とはいえ、軽く考えすぎないよう注意をしましょう。

 

特定調停とは

 

 

特定調停とは、借金の返済が滞ってしまっている債務者が簡易裁判所に申し立てをして、裁判所が債務者と債権者との仲介を請け負い話し合いの場を設けて和解の段取りを進めることを指します。
特定調停は借金当初の利息の引き直し計算がされて、そこから減額などを取り決めます。この特定調停は利用できる人にも規定があり、減額後の借金を原則3年以内に完済することが出来る人や継続して収入が見込める人に限られています。
しかし特定調停は執行までに時間がかかる場合があり、更にその期間中の利息は支払い義務があるというデメリットがあります。

 

民事再生とは

 

民事再生とは、自己破産の時のように財産を差し押さえられることのないままで大きく減額した借金を原則3年以内で完済していく方法です。こちらは車や住宅などの財産を手元に残したままでの減額が可能である代わりに、確実に3年以内で完済することや継続した収入が見込める方といった限定的なものになります。
例えば現在職業が安定していない方などは、民事再生は受けられません。また、借金の総額が5000万円以下と限られてもいます。また、大抵の場合住宅ローンは減額されないという制約もあります。

 

自己破産とは

 

自己破産とは、返済能力がないと裁判所で認められた方が借金の全ての返済義務をなくしてしまえる制度です。しかし、その代わりに車や家、または給料などの財産が全て差し押さえ・処分されてしまい、ある特定の職業(警備員や保険の仕事など)に就けなくなるというデメリットもあります。財産が差し押さえられるとは言っても20万以下の家財などは免除され、処分されることはありません。
また、名前がいわゆるブラックリストに載ってしまい、5年〜7年は金融会社での借入やローンが利用出来なくなります。
借金が全てなくなるとはいえ自己破産のデメリットは大きく、よく考えてからにしましょう。

 

http://www.web-197.com/
http://www.feathersboa.com/
http://www.foxgambling.com/
http://www.kobebryantshoesbuy.com/
http://www.gzsxrzyy.com/
http://www.indohimalayatravels.com/
http://www.placesandnumbers.com/
http://www.spike-screen.net/
http://www.streaming-cougar.com/
http://www.infiniteplastic.com/